吉田聡司法書士事務所、債務整理、相続、渉外不動産登記

離婚・財産分与

年金分割

離婚した時、特に熟年離婚をした時、サラリーマンの夫は厚生年金に加入しているため、それなりの年金を貰うことが出来ます。
しかし、家庭で夫を支えてきた妻は、僅かな年金しか受け取ることが出来ない場合が多く、例え厚生年金を受け取れたとしても「働く期間が短い」「低賃金」といった理由から、年金額自体が少ないという現状があります。
夫名義の老齢厚生年金は夫にしか支給されません。 

平成16年度の法改正により、婚姻期間中の厚生年金を夫婦間で分割する、いわゆる年金分割が可能になりました。
年金分割には、平成19年4月から始まった離婚時分割と、平成20年4月から始まる3号分割があります。



離婚時分割とは

平成19年4月以降に離婚した場合、当事者の合意又は裁判所の決定があれば、婚姻期間についての厚生年金の分割を受けることが出来ます。
これ以前では年金権の分割は実施されません。

分割割合は婚姻期間中の夫婦の保険料納付記録の合計の半分を限度とします。
離婚時に当事者間の話し合いで分割割合について合意の上、社会保険事務所に厚生年金分割の請求をします。

合意がまとまらない場合、家庭裁判所が分割割合を定めることが出来ます。
離婚成立後2年以内に分割請求しなければ、分割できなくなります。

保険料未納などで年金の受給資格がない場合には、離婚時の年金分割が行われても、年金が貰えません。 
離婚までに受給資格期間を満たしていない場合は、必ず離婚後の公的年金の支払いを忘れないでください。 

どうしても保険料が払えないときは、保険料免除制度というものもあります。
事実上の婚姻関係(内縁)であっても 第3号被保険者(扶養に入っている人)の方は「婚姻関係にあった」と認められ、分割対象になります。

ただ、本妻がいてそちらが扶養に入っている場合は複雑になります。 
年金加入記録や保険料納付記録を変更・改定しているので、相手の死亡等に左右されません。

分割の対象は婚姻期間中に加入していた厚生年金の部分だけなので、婚姻期間中に厚生年金を納めたことの無い個人事業主などの妻は、専業主婦だとしても年金の分割は受けられません。



3号分割とは

平成20年4月以降、被扶養配偶者(第3号被保険者、会社員・サラリーマンの妻)を有する第2号被保険者(厚生年金を会社で天引きされている会社員・サラリーマン)が負担した保険料は、夫婦が共同して負担したものであることを基本的認識としています。 
離婚等をした場合、同意がなくともこの期間の第2号被保険者(主に夫)の厚生年金の保険料納付記録は、強制的に2分の1に分割されます。

事実上の婚姻関係(内縁)であっても 第3号被保険者(扶養に入っている人)の方は「婚姻関係にあった」と認められ、分割対象になります。
本妻がいてそちらが扶養に入っている場合は複雑になります。 

年金加入記録や保険料納付記録を変更・改定しているので、相手の死亡等に左右されません。
また、これは離婚時の年金分割に限ったことではありませんが、年金は請求しないと貰えません。

年金分割の手続の流れ

1)情報提供の請求をします。
離婚前でも離婚した後でも、当事者の2人が共同で行うことも、1人だけで行うことも出来ます。
ただし、一度情報提供の請求をした場合、その後3ケ月を経過していない時は、原則、再請求は出来ません。

2)当事者間の話合いをします。
年金分割の按分割合について、当事者間の合意または裁判手続により定めていることが必要になります。
合意したときは、公正証書を作成し、按分割合などを明らかにします。

3)年金分割の請求をします。
当事者の一方だけで行うことが出来ます。
窓口は最寄の社会保険事務所です。
請求後、按分割合に基づいて当事者それぞれの保険料納付記録の改定が行われ、当事者それぞれに改定後の保険料納付記録が通知されます。
協議離婚について   離婚協議書の作り方   財産分与とは
年金分割    

後志地区,羊蹄山麓,倶知安,ニセコの法律相談は吉田司法書士事務所へ

サービス&料金個別無料相談事務所概要
スタッフ紹介をご覧下さい

 

●渉外登記の雛型の販売を開始しました。ご利用くださいませ。